So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

xismo ツール編 マグネット [xismo]

マグネットツール 磁石マーク

頂点を選択クリックして ドラッグ(ハンドルを操作)して移動する
  → クリックした頂点だけでなく 影響範囲があるので まわりもひっぱられる
ざっくり全体を動かしたいときにつかう
頂点1つ1つを編集していくよりも滑らかなラインが作れる

マグネット1.JPG



オプション

ワールド座標:ワールド座標空間にハンドルが向かう

マグネット2.JPG



ローカル座標:ローカル座標空間にハンドルが向かう

マグネット5.JPG


マグネット4.JPG


 
選択部のみ :マグネットの影響範囲のなかでも選択した部分だけ動く
       選択したところしか動かない

マグネット8.JPG


マグネット9.JPG



選択範囲 (スライダー): うっすらと書かれた線の中が影響される範囲 
       ハンドルにくっついてる薄い線上の球体が大きくなったり小さくなったりする
       ALT押しながらドラッグすると 影響する選択範囲を変えることができる
       ツールのスライダーの数字で変更する

マグネット10.JPG



影響範囲  影響が 強い ← 赤 黄色 緑 青 → 弱い

マグネット11.JPG



2点の頂点で 影響範囲の減衰をかえることができる
カーブの形にマグネットが影響する

マグネット12.JPG


マグネット13.JPG


マグネット14.JPG



対象編集に対応
左右対称マークをチェックして マグネットすると左右が一度にできる

マグネット15.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

xismo ツール編 べベル [xismo]

ベベルツール

辺に対して動作する
角が取れる

ベベル1.JPG


ベベル.JPG



 ベベルは複数のエッジに対して行うことが多い
 球体 ループ辺 ベベルをかける 

ベベル4.JPG


ベベル5.JPG



ベベルのツールから 数値を入力をして指定することもできる

注意 3つの辺を選択してベベルをかけると 真ん中に穴があく 
    現在仕様なので がんばって穴埋めをするw
   
ベベル2.JPG


ベベル3.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

xismo インターフェイス編 ノードウィンドウ [xismo]

インターフェイス

ノード管理のウインドウ
一番よく使うウインドウ

データを作ったらここに表示される
新規作成は 下に増えていく

モデファ1.JPG


・選択しているものは オレンジ色の文字で左に縦オレンジ線


データの親子(ドラッグで階層にする)と データの移動

モデファ8.jpg
<データに親子関係をもたせる>

子にしたいものをドラッグして親にしたいところへ持っていく

子になる場合オレンジ文字 親は枠全体がオレンジ 



<データの順番の入れ替え>

移動したいものをドラッグして移動にしたいところへ持っていく
移動先がオレンジのラインで表示される







<合成>
一緒にしたい場合:Ctrl押しながらドラッグ 
            2つのデータをマージしますか? OKをクリック

モデファ10.JPG


モデファ11.JPG


モデファ12.JPG



分離したい場合 :選択部分処理 から カット(Ctrl+X)& ペースト(Ctrl+V)


モデファ13.JPG


モデファ14.JPG


モデファ15.JPG



階層が深くなると見づらくなってくる
 ノードの中の表示から
  ヘッダーを固定サイズにする:任意のウインドウの幅を決めることができる
  ヘッダーを自動サイズにする:ウインドウの幅が自動的に変更される

モデファ16.JPG



記号の使い方
  上下矢印 
  ドラッグ以外に移動させたいデータを選んでから押す
  カーソルでも移動できる

モデファ9.1jpg.jpg



  Uターンマーク(牽引)
  多くのデータがあるときに 新しくデータを追加したら下に増える
  モディファイアの曲面化を作成すると 一番下に作られる
  ノードを選択 → 牽引を押す → 
   →曲面化のノードが選択したノードの子になる
  親にしたいノードを選択した状態で 牽引を押すと 
  一番下のデータが引っ張り上げられて子になる

モデファ9.2jpg.jpg
 


展開状態のトグル
 階層を広げたり閉じたりする

モデファ9.3jpg.jpg



双子マーク(クローン複製)
  同じデータが複製される

モデファ9.4jpg.jpg


フリーズ
 ポリゴン化をする

モデファ9.5jpg.jpg



ごみ箱 アイコン  
  削除する

モデファ9.6.jpg



    タグから情報を追加することができる
    選択範囲を記憶する
     選択タグ→ 一部の面をクリックして → 記録 (選択範囲を記憶する)
     復帰 → 前の選択状態にもどす 記録した選択状態だけ表示する
     読み込み → いま選択しているものに加えて 記録した選択状態を追加して表示

    
    選択タグをWクリックで 復帰状態 前に選択した状態を表示する
    選択タグは複数作成することができる
    順序はドラッグで変更できる 
     モディファイアと同じでかける順番によって厳密には動作が変わるが
    現在はほとんど同じ意味 頻度によって順番を決めればいい
     別ノードに選択タグを移動することは(タグのノード間移動)現在できない
    

    
    
    カーソルキーでも操作は可能
    *タグの移動はできない ノードのデータが優先して選択される
     


nice!(0)  コメント(0) 

xismo ツール編 曲面ウェイト [xismo]

曲面ウエイトとボーンウエイトが実装
今回は 曲面ウエイト

曲面ウエイトとは
曲面化のモディファイアで曲面化したノードの一部分に対する曲面の曲がり率(曲率)を変えるもの
つまり 全体が同じ丸っこさではなく 部分的に角ばったり直線にしたりすることができる
 *曲面化のモディファイアの使い方はこちら♪

曲ウエイト1.JPG


ウエイトは頂点と辺に割り振ることができる

頂点に対するウエイト

曲ウエイト2.JPG

辺についてのウエイト

曲ウエイト3.JPG

 例えば 靴のヒール部分など 全体の丸っこい感じから まっすぐにしたり、かっちりとしたライン
作りたいときに 用いる

pumps2.JPG



ドラッグの方向は 尖らせたい方向ではなくて、あくまでツールバーの 0~5のゲージの移動
つまり 左右に移動させる 上下に動かしても数値・形状は変化しないので注意
どちらもドラッグ オプションの数値入力でも可能
0% 元の状態
5% 最大値
ウエイトが0~1くらいだと 水色
     ~3くらいまで 濃い青色
     ~5(Max) ピンク
  と 曲面ウエイトの項目を選んでいるときに 頂点や辺の色がかわります。




nice!(0)  コメント(0) 

xismo モディファイアのエクスポートについて [xismo]

モディファイアのお約束

 ポリゴンメッシュでしか モディファイアは有効にならない
 必ず 作成 → プリミティブ → 形 → ポリゴン化 すること

曲面化1.JPG


曲面化2.JPG



モディファイアをエクスポートするときの注意

モディファイアは ソフトウエアによって効果が違う
Xismoで作成したもので モディファイアを使った形を
別のソフトにもっていっても 同じ形になるとは限らない
 mqo =メタセコの場合、曲面化は対応しているから大丈夫
しかし、obj をはじめ mqo でも対応していないモデファイア 
パイプ化や厚み付け、クローナのモディファイアをかけたファイルを出力、エクスポートする場合

 ファイル → エクスポート → obj → モディファイアをフリーズ にチェックする

そうしないと 正しいデータが出力されない

曲面化4.JPG


曲面化5.JPG



もしくは 必要なポリゴンだけ 

 ノード処理から フリーズ(局面化が適応されたメッシュになる)してから エクスポート

曲面化6.JPG


ただし フリーズすると、もとの状態にはにもどせないので注意する。
普通は、モデリングの工程の比較的後半で行う処理。

顔や服のモデリングしているときは 
 
  形を作る → 曲面化(ある程度の形つくり)→ 細かくモデリング

という手順を踏むことが多い


 <お約束>
 モディファイアを使ったデータを外に持っていくときは、必ずフリーズしよう

nice!(0)  コメント(0) 

xismo モディファイア編 曲面化 [xismo]

モディファイアのお約束

 ポリゴンメッシュでしか モディファイアは有効にならない
 必ず 作成 → 形 → ポリゴン化 すること



曲面化

 角を丸~くする モディファイア
ポリゴンメッシュでしか モディファイアは有効にならないので 
メッシュ化してあるポリゴンのみ曲面化ができる。

 手順

 作成 → プリミティブ → 立方体 → ポリゴン化 
 作成 → モディファイア → 曲面化のノード

曲面化1.JPG



 左のウインドウに ポリゴン化された(四角いラインのマークの付いた)
 立方体と曲面化の名前が出る。
 曲面化のノードを立方体にドラッグする
 親が立方体で その下に曲面化というツリーが形成される
  *このとき クリックでオレンジ縦ラインを 立方体にすると 四角いラインに囲まれた
  もとの立方体が表示される。
   オレンジ縦ラインを曲面化にすると 曲面化されたまるっこいノードが表示される。

曲面化7.JPG

 
曲面化2.JPG
 



オプション

レベル
 数字を大きくすると スムーズな形になる (曲面化を細かくする)

曲面化3.JPG




スムース三角形(チェックがデフォルトON状態)
  三角形のポリゴンにしわが入らないような分割をしてくれるオプション
  スムース三角形をオフにするとさらに しわが増えて、形がいびつになる

曲面化8.JPG


曲面化9.JPG



四角ポリゴンでモデリングしたほうがきれいにできる
三角ポリゴンだと 曲面化するとしわができてしまう


基本的には デフォルトON つまり スムース三角形にチェックを入れておく
ただし、意図的にしわを作りたい場合 服や髪の毛などのしわや動きを作るときは
あえて三角ポリゴンでスムース三角形をオフにすると凹凸を強調したものを作ることができる


nice!(0)  コメント(0) 

xismo ツール編 押出 [xismo]

押し出しツール

ポリゴンをクリックしてドラッグ
ポリゴンが押し出されていく

押し出し1.JPG



複数を押し出したいとき

 Shiftキーを押しながらクリックしていく
 Ctrlキーを押すと解除される

押し出し2.JPG


押し出し3.JPG



オフセット

内側もしくは外側に向かってある一定の間隔(オフセット)で押し出すこと
オフセットは 外周の幅が等しくなるように押し出すので 
複数の面を選んでいるとそれぞれの形が変わっていく

押し出し4.JPG



厚み付け

このような形をつくって

押し出し8JPG.JPG



厚み付けをすると こうなる

押し出し9JPG.JPG



平面の場合、全面を 押し出し してみると 裏は空っぽ

押し出し6JPG.JPG



厚み付けにすると 裏側にもポリゴンができる

押し出し7JPG.JPG



面ごとの処理

ポリゴンが連続していると ポリゴンの塊をグループとして認識する
2グループ以上一度に作成した場合それぞれが別々に動作する(グループごとに形が変わっていく)

押し出し4.JPG


押し出し10JPG.JPG



面ごとの処理には それぞれ同じかたちになる

押し出し5JPG.JPG


押し出し11JPG.JPG



数値を入力して「適用」で 既定の数値分 押し出すことができる

押し出し3.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

Create Applier HUD Instructions アプライア Catwa編 1  [アプライア]

アプライア Catwa編

ノートカード Create Applier HUD Instructions の概略 (間違ってるところあるかも^^;)

1 環境設定を有効にする ( 下図参照 )

アプライア.JPG


2 オブジェクトを作成し、その中にEncryptorスクリプトを入れます。
3 ローカルチャット:.:*BoSH*:. [Catwa] Encryptor v1.0 ready..! 
  ローカルチャット:Touch the button for setup
  セットアップボタンをタッチします。
4 プリムにタッチして、ポップアップメニューからテクスチャを入れたいレイヤーを選択します。
  例としてLIPを選びます。
5 ローカルチャット:Drop the lipstick texture to button content
 (ボタンプリムの中にLIPのテクスチャをドロップしてください)のメッセージが出る。
6 プリムを編集モードにして、プリムの中にテクスチャをいれます。
7 他のテクスチャを別のレイヤーに追加するかどうかを尋ねるポップアップメニューが表示されます。
ほかの場所のレイヤーを追加していくことができます。
このボタンをクリックすると、1回のボタンクリックですべてのレイヤーが適用されます。完了したら、ポップアップメニューから「Done」をクリックします。

注意:
** 重要 **
スキン作成時にネックフィックスをつかう場合には、先にスキンテクスチャを入れてからそのあとに次のフィックステクスチャを入力します。必ず、最初にスキンを入れてください!
私が提供しているレイヤーからテクスチャーがはみ出してしまう場合は、眉毛レイヤーにテクスチャを追加することもできます。
あなたは、端のカットされていない 全部分のテクスチャーを取得できます。

8 LINK先のかかれたポップアップメニューが出るのでクリックして外部のリンク先に行く。
リンク先のWebPageはこんな感じ
例)
// Please copy the following code and create your own script,
// put this script to button content with any name.. then add
// the .:*BoSH*:. [Catwa] Applier script to root prim content
// of your applier... [コピーライト]2015 by Boshwer Honi

list cmd;

default
{
state_entry() {
cmd += ["DBneSAoUjQ7gVh3YHwEnq8O3PZg+h37uQaK****"];
cmd += ["C4TUfAk9QucAGCglAsnrhBgKPwCCQanutNQ4****"];
cmd += ["C4TUfAk9QcAuewRq++qgAWrcWAYxGLsw/93****"];
cmd += ["QRKTSAwLQUawmH5ssA+IaEhwxfgRGU+Xw/6****"];
}

touch_start(integer total_number) {
integer t;
for (t=0; t
nice!(0)  コメント(0) 

Rez Samples Instructions アプライア Catwa編 2  [アプライア]

ノートカード Rez Samples Instructionsの概略(まちがってるところがあるかも)

Rezサンプル(メッシュヘッドオブジェクト)の手順 
テストグリッドは不要
アップロード料はかかりません
Photoshopで保存(上書き/置き換え)をクリックすると、すぐにPCファイルからインスタントリフレッシュテクスチャを作成できます(*他のソフトでもOK)
言い換えれば、毎回ファイルをアップロードする必要はありません


方法は次の通りです:

1- サンプルキットオブジェクト[CATWA HEAD Jessica Rez Sample]をREZする。
2- プリムを作成する
3 - transmitter script(送信スクリプト)をあなたのプリムに入れます
4- 編集画面を閉じます。
5- あなたのプリムをクリック
6- ポップアップメニューからレイヤーを選択する
7 - あなたのプリムを右クリックして編集画面から材質タブを選び、テクスチャの四角い枠内をクリックする
8- テクスチャの選択のポップアップメニューがでるので、テクスチャの下にある 
 ローカル(インベントリではない)を選択し、[追加]ボタンをクリックして、
 PCからテクスチャを選択してOKを押します。
 このテクスチャは一時的なもので、あなただけが見ることができます。他の人からは灰色に見えます。
 アップロード料はかかりません。
9- テクスチャは、上書きするたびに更新されます。あなたは毎回ファイルを更新する必要はありません。
 単にphotoshop(などのソフトウエア)からsaveをクリックすることによって 
 SLのサンプルオブジェクトが自動で更新されているのを確認してください。
10- 新しいプリムをRezして同じ手順を踏むことで別の部分のレイヤーを作成します。
11- スキンを作成する場合は、メイクのレイヤーと睫毛のレイヤ―に「tltallytransparent」テクスチャ
 (完全に透明なテクスチャ)を入れることでスキンだけを見ることができます。
12- 私のHUDとすべてのアプライヤーがこのサンプルで動作します。 
  しかしヘアベースはうまく動作しません
nice!(0)  コメント(0) 

xismo ツール編 パッチ [xismo]

ずいぶん時間がたってしまったので 最初のポリゴンを作るところから 丁寧に

作成 → プリミティブ → 平面 を選択

171020-1JPG.JPG



プリミティブの状態で 縦、横(U軸、V軸)6*6マスのポリゴンの設定にする

20171020-2.JPG



プリミティブから編集できるポリゴン化をする

20171020-3.JPG
 



 では ここから 本題  パッチの使い方


【 パッチ 】(縫い合わせるようなもの)

[ パッチ ]

辺に対してハイライトすると 
マウスを載せている辺が黄色く 
縫い合わされる予定のポリゴンが赤く表示される
クリックすると 2つのポリゴンが 合わさって1つになる

20171020-4.JPG



ただし ポリゴンの持つ頂点の数が5つ以上になる場合は くっつかない

20171020-7.JPG




20171020-8.JPG



[ 連続パッチ ]

 複数の辺を 連続して一度に1つにまとめることができる

20171020-12.JPG



[ 連続パッチ三角面化 ]

四角ポリゴンを三角形にしていきたいときに使う
ポリゴンにカーソルを合わせると プレビューされている四角ポリゴンが三角形化される
カーソルを 左上にもっていくと 左上から右下へカット
      右上にもっていくと 右上から左下へカットされる
切りたい側に近い方の頂点にカーソルを持っていく

20171020-5.JPG



20171020-6.JPG



[ エッジ回転 ]

三角形と三角形で組み合わされたポリゴンで有効
対角線を逆にしたい場合に 二つの三角形を四角に見立てて 対角線を逆にする 地の向きを入れ替える

20171020-9.JPG



[ 頂点追加 ]

頂点を追加したいときに使う (カッターなどを使うことも多い) 
返上をクリックすると 頂点が追加される
辺の途中に頂点が追加されて 三角ポリゴンが出来上がる。
三角ポリゴンが邪魔な時は パッチで四角ポリゴンにしていく。
 
20171020-10.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -